アドホックWi-Fi

一時的なアドホックネットワークの構築がもたらす可能性

アドホックWi-Fi

モバイルルーターや有線ルーター・APによる「Wi-Fiスポット(点)」でのWi-Fi空間構築は容易くできる今日現在。だが、常設でない、一時的な「Wi-Fiゾーン(面)」での展開は困難を極め、ほぼ不可能とされてきました。
PicoCELAの技術を搭載したKpnetworksのKPWL-0210シリーズは一時的なアドホックネットワークを簡単に、しかも短時間に実現することが可能です。

LAN回線一本あれば(もしくは有線ネットワークに変わる無線回線)電源がなくとも、KPWL-0210シリーズはオプションのリチュウムバッテリーパックやソーラータワーを使えば、電源の確保が難しい場所での設置も可能。お祭りやイベント会場、大きな会議、大型展示会、スポーツの競技会場、さらには災害時などの緊急指令本部、避難所などで一時的なネットワークを構築することが可能です。

ボタン一つでエリアの拡張が可能なため、 三脚などに取り付けたPCWLを使い、短時間でエリアを構築し、不要となればすぐに撤収することを可能にします。

また、多段L2ブリッジにより、L3以上のあらゆるプロトコルを伝送することが可能なため、Wi-Fi網としてだけでなく、例えば3GやLTEのフェムトセルを組み合わせることにより、緊急時にWi-Fiバックホールを使ったLTEネットワークの構築が可能。

KPWL-0210はまた、一時的なアドホックネットワークの構築のしやすさから、特に災害時に活躍する災害救助ロボットの通信インフラとしても活躍しています。

イベント用の一時的なWi-Fi空間を様々な場所で展開。展示会期間の一時的なネットワークソリューションとして、東京ビッグサイトや幕張メッセなどの大きな会場の全面Wi-Fi化も実現しています。

Kpnetworksはお客様のニーズに応えるため、KPWL-0210のレンタルサービスも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。(*注意:通信回線はお客様にて準備していただく必要があります)

ソリューションの一覧へ戻る